9.5 Cold Wine Colors
0.75/3.00 lt

生産地域
ヴァル・デ・ブルン農地 
ぶどう畑: 8~12年代中心のぶどうの木で、1ヘクタールあたり4000/4500本が、東西と南北へ方向づけられています;
平均収穫量: 一株につき1.5キロ、1ヘクタールあたり6000/7000キロ相当
ぶどう種: トレヴィーゾ高地の独特な風味の各ぶどう種
栽培システム: シルヴォズ法

醸造技術
ぶどうは成熟する数日前に収穫されます。より低い糖分と高い酸度、そしてよりフルーティな香りを維持するためです。ソフト圧縮と一部コールド果皮浸漬によるトラディショナルな方法でワインを醸造します。ぶどう果汁は、年間行われる様々な発泡製法によって0度に保存されます。発酵は厳選した酵母でおよそ10~12度に導かれ、コクのある風味豊かな香りを得ることができます。発酵中のぶどう果汁(モスト)は、発酵を低温で続けられるように直接泡をつくる耐圧タンク(プリーズ・ド・ムース)に移し替えられ、35~40日でモストからスプマンテへと出来上がります。この工程は、このスプマンテを特徴づける非常に独特なアロマ成分が育ち、より優れた強度をあたえるためです;さらに低温発酵は、ワインのしっかりした造りと深みをあたえる物質が作用を起こし、低いアルコール濃度を補い、また完璧な風味の調和を維持します。第2次発酵のプリーズ・ド・ムースが停止したあと、スプマンテは20~30日間高貴な澱の上に保存され、独自にもつ性質を豊富にさせ完全にします。びん詰めをする前に、貴重な風味をもつぶどうモストを少量の割合で合わせ、ワインの味わいと香り全体を調和させて仕上げます。

性質と特徴
泡立ち: 非常に繊細、持続する
色:    薄緑がかった麦藁色のイエロー
芳香:  純粋、デリケート、様々なアロマと酵母の香りの相乗効果によってとても個性的;しっかりした芳香性
味わい: 豊潤、調和のとれたさわやかな辛口

化学的成分
実質アルコール度 % vol. 9.00 – 10.00
糖分 g/l     13.50 – 14.50
総合酸度 g/l 5.50 – 6.50

サービングの適温
氷入りワインクーラーに保ち2~3度

保存方法
熱や光のあたらない、乾燥した涼しい場所に保存してください。

ワインリストでの呼び方
アストリアの9.5コールド・ワイン

Privacy Policy