“アリシア”ピノ・グリージョ I.G.T. (地域特性表示ワイン)
0.75 lt

生産地域
ヴェネツィエの平地と丘陵地帯(海抜150~200m)
ぶどう畑 8~14年代の混ざるぶどうの木が1ヘクタールあたりおよそ4000/6000株
平均収穫量 1本につき1.5~2キロ1ヘクタールあたり8000/9000キロ相当
ぶどう種: ピノ・グリージョ
栽培システム: シルヴォズ法

醸造技術
ぶどう収穫は8月終わり頃に手作業で行われ、つづけてソフトなぶどう圧搾、ぶどう果汁(モスト)のデカンテーションをします。そして第1次発酵は、
厳選した酵母とともに18~19度に保たれます。新しいワインは、数週間高貴な澱の上に保存され、酒石安定と濾過の後、びん詰めへと進みます。そしてワインボトルは数ヶ月休ませます。

性質と特徴
色:    黄金がかった麦藁色のイエロー
芳香:  強い、干草を想わせるフルーティさ、フレッシュなくるみの殻、繊細でエレガントな香り
味わい: 調和のとれた、ビロードのような滑らかさ、気品があり独特

化学的成分
実質アルコール度 % vol. 12.00 – 13.00
糖分 g/l     5.50 – 6.50
総合酸度 g/l 5.00 – 6.00

サービングの適温
開栓時で10~12度

保存方法
熱や光のあたらない、乾燥した涼しい場所に保存してください。

ワインリストでの呼び方
アストリアの“アリシア” ピノ・グリージョI..G.T.

 

ü  生産地域

ヴェネツィエの平地と丘陵地帯(海抜150200m)

ぶどう畑 814年代の混ざるぶどうの木が1ヘクタールあたりおよそ4000/6000

平均収穫量 1本につき1.52キロ1ヘクタールあたり8000/9000キロ相当

ぶどう種: ピノ・グリージョ

栽培システム: シルヴォズ法

ü  醸造技術  

ぶどう収穫は8月終わり頃に手作業で行われ、つづけてソフトなぶどう圧搾、ぶどう果汁(モスト)のデカンテーションをします。そして第1次発酵は、

厳選した酵母とともに1819度に保たれます。新しいワインは、数週間高貴な澱の上に保存され、酒石安定と濾過の後、びん詰めへと進みます。そしてワインボトルは数ヶ月休ませます。

ü  性質と特徴

色: 黄金がかった麦藁色のイエロー

芳香: 強い、干草を想わせるフルーティさ、フレッシュなくるみの殻、繊細でエレガントな香り

味わい: 調和のとれた、ビロードのような滑らかさ、気品があり独特

ü  化学的成分

実質アルコール度 % vol.                                12.00 – 13.00

糖分 g/l                                                            5.50 – 6.50

総合酸度 g/l                                                      5.00 – 6.00

ü  サービングの適温

開栓時で1012

ü  保存方法

生産地域 
ヴェネツィエの平地と丘陵地帯(海抜150~200m)
ぶどう畑 8~14年代の混ざるぶどうの木が1ヘクタールあたりおよそ4000/6000株
平均収穫量 1本につき1.5~2キロ1ヘクタールあたり8000/9000キロ相当
ぶどう種: ピノ・グリージョ
栽培システム: シルヴォズ法

醸造技術 
ぶどう収穫は8月終わり頃に手作業で行われ、つづけてソフトなぶどう圧搾、ぶどう果汁(モスト)のデカンテーションをします。そして第1次発酵は、
厳選した酵母とともに18~19度に保たれます。新しいワインは、数週間高貴な澱の上に保存され、酒石安定と濾過の後、びん詰めへと進みます。そしてワインボトルは数ヶ月休ませます。

性質と特徴
色: 黄金がかった麦藁色のイエロー
芳香: 強い、干草を想わせるフルーティさ、フレッシュなくるみの殻、繊細でエレガントな香り
味わい: 調和のとれた、ビロードのような滑らかさ、気品があり独特

化学的成分
実質アルコール度 % vol. 12.00 – 13.00
糖分 g/l 5.50 – 6.50
総合酸度 g/l 5.00 – 6.00

サービングの適温
開栓時で10~12度

保存方法
熱や光のあたらない、乾燥した涼しい場所に保存してください。

ワインリストでの呼び方
アストリアの“アリシア” ピノ・グリージョ I.G.T.生産地域 
ヴェネツィエの平地と丘陵地帯(海抜150~200m)
ぶどう畑 8~14年代の混ざるぶどうの木が1ヘクタールあたりおよそ4000/6000株
平均収穫量 1本につき1.5~2キロ1ヘクタールあたり8000/9000キロ相当
ぶどう種: ピノ・グリージョ
栽培システム: シルヴォズ法

醸造技術 
ぶどう収穫は8月終わり頃に手作業で行われ、つづけてソフトなぶどう圧搾、ぶどう果汁(モスト)のデカンテーションをします。そして第1次発酵は、
厳選した酵母とともに18~19度に保たれます。新しいワインは、数週間高貴な澱の上に保存され、酒石安定と濾過の後、びん詰めへと進みます。そしてワインボトルは数ヶ月休ませます。

性質と特徴
色: 黄金がかった麦藁色のイエロー
芳香: 強い、干草を想わせるフルーティさ、フレッシュなくるみの殻、繊細でエレガントな香り
味わい: 調和のとれた、ビロードのような滑らかさ、気品があり独特

化学的成分
実質アルコール度 % vol. 12.00 – 13.00
糖分 g/l 5.50 – 6.50
総合酸度 g/l 5.00 – 6.00

サービングの適温
開栓時で10~12度

保存方法
熱や光のあたらない、乾燥した涼しい場所に保存してください。

ワインリストでの呼び方
アストリアの“アリシア” ピノ・グリージョ I.G.T.

熱や光のあたらない、乾燥した涼しい場所に保存してください。

ü  ワインリストでの呼び方

アストリアの“アリシア” ピノ・グリージョI..G.T.

Privacy Policy