“ミーナ”コッリ・ディ・コネリアーノ・ D.O.C.G.(原産地統制保証名称ワイン)
0.75 lt

生産地域
アストリア農地の“クレヴァダ”ぶどう畑
ぶどう畑 南北へ方向づけられています;1ヘクタールあたり約5000株;15年のぶどうの木
平均収穫量 1株につき約1.5キロ、1ヘクタールあたり7000/8000キロ相当
ぶどう種: シャルドネ、IncrocioManzoni 6.0.13、ソーヴィニョン
栽培システム: グイヨ法

醸造技術
収穫されたぶどうとその選別は、手作業で小さな籠に摘んで行われ、醸造所にてソフト圧搾とぶどう果汁(モスト)のデカンテーションがされます。第一次発酵はステンレスタンクにて、厳選した酵母を使用して18~20度で始まり、後に13~14度に引き下げられます。ここでワインは活発に働きつづけ、発酵も終えます。これは柑橘系の香りやフレッシュな芳香の配合などを最高の状態で得られることを可能にしています。数ヶ月“高貴な澱”の上で精錬させ、性質的にもバランスよく熟成した後、濾過とびん詰めへと進みます。ワインの特徴を仕上げるため、さらにワインボトルで熟成させます。

性質と特徴
色:    輝いた麦藁色がかったイエロー
芳香:  花の香りとフレッシュフルーツ
味わい: 辛口、味わい深い、フレッシュ

化学的成分
実質アルコール度 % vol. 12.00 – 13.00
糖分 g/l     4.00 – 5.00
総合酸度  g/l 5.00 – 6.00

サービングの適温
ワインボトルの開栓時で8~10度

保存方法
熱や光のあたらない、乾燥した涼しい場所に保存してください。

ワインリストでの呼び方
アストリアの “ミーナ” コッリ・ディ・コネリアーノ・D.O.C.G.

Privacy Policy