“クレヴァダ” コッリ・ディ・コネリアーノ DOCG
0.75 lt
生産地域
アストリア農地の“クレヴァダ”ぶどう畑
ぶどう畑 南北へ方向づけられています;1ヘクタールあたり約5000株;15年のぶどうの木
平均収穫量 1株につき約1.5キロ、1ヘクタールあたり7000/8000キロ相当
ぶどう種: シャルドネ、Incrocio Manzoni 6.0.13、ソーヴィニョン
栽培システム: グイヨ法

醸造技術
ぶどう収穫とその選別は、9月に手作業で小さな籠に摘んで行われ、つづけてぶどうのソフト圧搾と、ぶどう果汁(モスト)のデカンテーションがされます。第一次発酵は厳選した酵母で20~22度を保ち、フランスのアリエー産オーク樽で平均的に焦げ目の入ったバリックで1/3は新しく、残る2/3は使用2回目のもので熟成させます;これは20~25日間かかり、つづいてマロラクティック発酵が完了します。ワインは春の中ごろまで木製の樽で熟成させ、その後ステンレス容器に移し替えられます。そのままびん詰めをする前まで1~2ヶ月保管され、さらにワインボトルで1年間洗練させます。

性質と特徴
色:    輝いた黄金色
芳香:  全体的にまとまった、バニラの香りと熟したフルーツ
味わい: 辛口、フルボディ、最高のストラクチャー

化学的成分
実質アルコール度 % vol. 13.00 – 14.00
糖分 g/l     4.00 – 5.00
総合酸度  g/l 5.00 – 6.00

サービングの適温
ワインボトルを開栓した時点で10~12度

保存方法
熱や光のあたらない、乾燥した涼しい場所に保存してください。

ワインリストでの呼び方
アストリアの “クレヴァダ” コッリ・ディ・コネリアーノ・ D.O.C.G.

Privacy Policy