クラモーレ ロッソ・ヌード IGT
0.75 lt

生産地域
海抜およそ120~150mの丘陵地帯のアストリア農地
ぶどう畑 1ヘクタールあたりおよそ4000/4500株で、南北と東西へ方向づけられています;8~15 年代のぶどうの木
平均収穫量 1株につき1.5~2キロ、1ヘクタールあたり7000/8000キロ相当
ぶどう種: カベルネ・フランク、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、マルゼミーノ.
栽培システム: グイヨ法

醸造技術
ぶどう収穫とその選別は、9~10月に手作業で小さな籠に摘んで行われ、つづけて茎を取り除いて破砕します。ピジャートと呼ばれるぶどう液は、果皮浸漬および発酵が短期間(6~8日)で進み、高すぎない温度(23~25度)に保たれます。これは頻繁に行われる方法で、果皮から強い色とほどよいタンニンの量を引きだすことができ、さらに時間の経過とともにワインの新鮮な特質を損なうことのないようにします。つづけて圧搾して移し替え、マロラクティック発酵が完了します;ワインは第1回目に移し替えられた後、びん詰めが行われるまで、ステンレスタンクで熟成させます。

性質と特徴
色:    スミレがかった濃いルビーレッド
芳香:  フルボディ、フルーティな特徴、新鮮なぶどうの香り
味わい: ソフト、しっかりしたボディ、熟した桑の実とブルーベリーを想わせる

化学的成分
実質アルコール度 % vol. 11.50 – 12.50
糖分 g/l     7.00 - 8.00
総合酸度  g/l 4.50 – 5.50

サービングの適温
14~16度

保存方法
熱や光のあたらない、乾燥した涼しい場所に保存してください。

ワインリストでの呼び方
アストリアの“クラモーレ”ロッソ・ヌードI.G.T.



Privacy Policy