カリブロ カヴァッツァーニ・ルンゴ法
0.75 lt

生産地域
テヌータ・ヴァル・デ・ブルンのシャルドネ種とピノ・ネーロ種を使用
ぶどう畑 15~20年代
平均収穫量 1ヘクタールあたり7000/8000キロ
ぶどう種: シャルドネ80%、ピノ・ネーロ20%
栽培システム: シルヴォズ法とグイヨ法

醸造技術
ワインを低温 (14~16度)に保ち、泡をつくる耐圧タンクで発酵させるカヴァッツァーニ・ルンゴ法を適用し、約45~50日間醸造します。さらに同ぶどう果汁の澱の上に6~8度で12ヶ月保存します。つづけてびん詰めを行い、さらにワインボトルの個性をひきだすために12ヶ月休ませます。

性質と特徴
泡立ち: 繊細、活発
色:    黄金色
芳香:  エレガント、洗練された、炒りピーナッツの香ばしさ、アカシアの蜂蜜とバニラの香り
味わい: さわやかな辛口、味わい深い、濃いフルーティな余韻

化学的成分
実質アルコール度 % vol.     12.00 – 13.00
糖分 g/l     9.00 – 10.00
総合酸度 g/l    6.00 - 7.00

サービングの適温
氷入りワインクーラーで7~8度

保存方法
熱や光のあたらない、乾燥した涼しい場所に保存してください。

ワインリストでの呼び方
アストリアのカリブロ、カヴァッツァーニ・ルンゴ法
    

 

Privacy Policy